世代交代が加速 2020年在京キー局女子アナ“下克上”勢力図

公開日: 更新日:

 昨年の女子アナ界は、ひと言で表すと「世代交代」の一年だった。長年、人気アナウンサーのシンボル的な存在であった“カトパン”こと元フジ・加藤綾子アナ(34)が古巣に出戻り、ほぼ入れ違いでフリーとなった元TBS・宇垣美里アナ(28)や同・吉田明世アナ(31)、田中みな実アナ(33)が活躍。一方、各局を見渡すと、20代局アナの台頭が顕著だったといえる。では、今年はいったい誰が視聴者をとりこにするのか? 赤丸チェックの局別注目株を、女子アナをウオッチし続けて四半世紀、女子アナ評論家の松本京也氏に挙げてもらった。

  ◇  ◇  ◇

■“無双”弘中アナを脅かす超新人

 まずは年末恒例「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン)で初の1位に選ばれた、テレビ朝日弘中綾香アナ(28)。担当番組「激レアさんを連れてきた。」での自由な振る舞いが話題となり、異性スキャンダルが発覚したにもかかわらず、人気は右肩上がり。驚くことに、シニア世代にも好感を得ているのだから将来は明るい。

 そんな無双状態の弘中アナのポジションを脅かす可能性があるのは、入社1年目の斎藤ちはるアナ(22)。幼少期にキッズモデルとして人気を博した彼女は、中学生のときに「乃木坂46」のオーディションに合格。第1期メンバーとして活躍し、入社8カ月前までアイドル活動を続けていた本物中のホンモノだ。弘中アナとは毛色がまったく異なるが、いずれ対抗馬となることは間違いない。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格