先輩・桑子アナから紅白司会を奪った和久田アナの結婚力

公開日: 更新日:

 10月28日、NHK令和初の紅白歌合戦の総合司会に「おはよう日本」でメーンキャスターを務める和久田麻由子アナウンサー(31)を抜擢することを明らかにした。

 和久田アナは一部女子アナファンの間で「わくまゆ」の愛称で呼ばれ、世のオジサマたちのアイドル的な存在だ。その美貌に加え、東大経済学部卒の才媛。幼少期は、父親の仕事の都合で米国テキサス州ヒューストンで過ごし、高校時代は英語劇にどっぷり漬かり、複数の大手芸能プロからスカウトも受けたともいわれている。

 2011年4月にNHKに入局すると、3年間の岡山放送局勤務を経て、東京アナウンス室に配属。通常、同局の新人アナは地方の放送局を2年単位で2回、早くても4年かけて東京に戻るといわれている。和久田アナの東京配属は異例といえるだろう。

 和久田アナは仕事ぶりも堅実で、原稿の読み間違えも少ないため、早くから局幹部の目をかけられてきたという。ただ、「いくら和久田アナが才色兼備とはいえ、令和初の紅白歌合戦の総合司会まで任せていいものか」という声も一部局員の間で上がったそうだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差