ガッキーを追い込んだのは錦戸亮か…明るみになる“ゲスな過去”

公開日: 更新日:

 9月30日にジャニーズ事務所を退所した元関ジャニ∞錦戸亮(34)。自主レーベルを立ち上げたかと思ったら、11月5日からの全国ツアー開催を発表。鮮やかなスタートダッシュを切ったかに見えるが、これから真綿で首を絞めるように追い詰められていくことになりそうだ。

 そんな予兆を感じさせる記事を「女性セブン」(10月24日号)が掲載した。

 記事は「ショック! 忘恩の関ジャニ∞全面戦争」と題し、関ジャニ∞と同じタイミングで全国ツアーを開催する錦戸の無節操ぶりを非難する内容だった。しかし、“本当の爆弾”は同じ発売号の別のページに隠されていた。記事自体は新垣結衣(31)の近影を伝える内容で、女優の蓮佛美沙子(28)と2人で焼肉を食べたというだけの話だが、〈ガッキーといえば超が付くインドア派。2013年、当時関ジャニ∞の錦戸亮との交際を『フライデー』に報じられてからはその傾向がより強くなったという。買い物は通販頼りで、オフも家からほぼ出ない生活を送る「干物女」ぶりを自ら明かしていた〉と、新垣の“引きこもり”に言及した上で、さりげなくその原因が錦戸との破局にあったと指摘したのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”