二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「グッとラック!」惨敗…立川志らくのMC起用が早すぎた?

公開日: 更新日:

 視聴率のカギを握るキャスティング。ハマれば賛辞され、外れたら非難の声が容赦なく飛ぶ。TBSは秋の衣替えとして前番組を一掃。新情報番組「グッとラック!」をスタート。落語家の立川志らく(56)をMCに起用したが、早くも起用に疑問の声が上がっている。

 初回放送は好奇心もあり視聴率は割り増しになるものだが、2・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)と目を疑う数字。テレビ関係者は「他局も脅威に感じていなかったように、世間も最初から志らくの司会に関心を持っていなかったのでは」と分析する。その後も視聴率は回復せず。9日の放送では1・9%と危機的な状況。

 横並びのニュースになる情報番組の視聴率。カギを握るのは司会者とコメンテーター。個人的な好みは別として好感度や「なるほど」と感心する解説などの要素が絡み合って数字の伸びにつながる。最近は「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が安定してトップをキープ。出しゃばらず丁寧な羽鳥の司会は「安心して見ていられる」という。

 エンディングで「今日もご覧いただき、ありがとうございました」の何げない挨拶も好感度を上げている。「見ていただいた=買っていただいた」という視聴者をお客さまに見立てた発言。まさに、昭和の歌手・三波春夫の「お客さまは神様です」に通じるものがある。最近は昼の番組の司会をする安藤優子も見習ったかのように取り入れている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

    TV界と旧ジャニーズ事務所の「不適切にもほどがある!」関係…錦戸亮5年ぶり地上波ドラマ出演で鮮明

  3. 3
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  4. 4
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  2. 7
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 8
    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

    国税庁が「採用情報」リプライ遮断の閉鎖性…自民裏金疑獄が飛び火でSNSも大荒れ

  4. 9
    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

    中村獅童3歳次男の「両手小指欠損」公表に共感の輪…「私たちにとっても光」とは当事者の会担当者

  5. 10
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格