女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

公開日: 更新日:

 体調不良で路上で動けなくなった女性を救護して自宅まで送り届け、名前も告げずにその場を立ち去る男前エピソードが明らかになった反町隆史(45)。その直後に実に4年半ぶりとなる主演ドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」の放送をテレビ東京が発表。“番宣か?”と一瞬、疑惑の目が向けられたが、反町のことを長年取材してきたベテラン芸能記者は「リアルにいいヤツですよ」と語る。

 ただ、反町を語る上で欠かせないのがヤンチャな頃のエピソードだ。

 1997年にドラマ「ビーチボーイズ」(フジテレビ系)で共演した女優・稲森いずみ(47)と結婚間近とも言われたが、翌98年に「GTO」(同)で松嶋菜々子(45)と共演すると電光石火で乗り換えようとした。

「反町と稲森の関係を知っていた松嶋は、稲森と別れるまでは交際をしないと交際を断ったそうです。一方、松嶋にアタックしていたことがバレた反町は稲森にマンションから閉め出されたり、別れるまでに1年もかかった。稲森と反町、松嶋の事務所が三つ巴となる大騒動になりました」(前出のベテラン記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今