好調「わた定」主人公と吉高由里子にタブる媚びない生き方

公開日: 更新日:

「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)の評判がいい。吉高由里子(30)が演じる“残業しないヒロイン”に共感の声が寄せられているのだ。ネットでは〈細やかな楽しみのために働くことも大切だと思い知らされた〉〈定時で帰ることでも自分を癒やすことができることを教えられた〉などといった書き込みが目立つ。

「上司や同僚に媚びない主人公の生き方が実物の吉高のイメージと重なり、大きな共感を呼んでいるのだと思います。どうしても会社員は周囲の視線を気にしがちですが、同調圧力に屈しない彼女のたくましさに憧れを抱く人も多いのでしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 吉高と言えば“媚びない”だけでなく、多くの俳優やアーティストと恋愛を重ねてきた“モテキャラ”の一面もある。

 2009年はドラマ「ラブシャッフル」で共演した玉木宏との熱愛が発覚。翌年に破局すると、flumpoolのギタリスト尼川元気との交際が報じられた。その後もRADWIMPSの野田洋次郎との熱愛が話題になり、16年には関ジャニ∞大倉忠義との“マンションに通い愛”をフライデーされた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害