城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

NGT卒業の山口真帆 指原プロデュースで再出発という“妙手”

公開日: 更新日:

 今年の初めから大きな騒動になっていたNGT48の山口真帆(23)が結局、グループを卒業することになり、今後どうなるのかと話題になっている。

 この件を、僕と同世代のおじさんたちに説明することがあった。

「AKB48は知っていても、NGTって?」

 というので、「新潟で地元密着で活動するAKBグループのひとつで……」と、イチから説明させられて閉口したが、昨年末、自宅に待ち伏せしていたファンから口をふさがれるなどの暴行を受けたこと、そのファンが逮捕され、後に不起訴となったこと、その出来事に同じNGTのメンバーが関与したのではないかという疑いが山口のSNSでの発言で明らかになったこと……などを噛んで含めるように話していると、おじさんのひとりが「どこの会社でも、多かれ少なかれ、“派閥”みたいなものや仲の悪いOLがいるものだよ」と身を乗り出してきた。

 NGT48を運営する側もそれ相応の対処はしてきたのだが、後手に回ったなどと批判されたりした。今回の騒動と女性の派閥争いを同一視するのはいかがなものかと思うが、僕はどっちにしてもたいへんだなあと同情してしまう。被害に遭った山口が相当怖い目に遭って、可哀想であることは間違いないが、事件が不起訴になったことで、関係者からいくら事情を聴いたところで真相は“やぶの中”だ。出直すという選択は致し方ないところだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由