小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

1カ月の稽古で唯一心残りだった“アレ”が実現できました!

公開日: 更新日:

 ただ今絶賛稽古中の舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」なんですが、今回は斉藤由貴さんもいるし、何となくアピールで稽古着に「真田丸」の番組で作ったナイロンパーカ(非売品)を使ってたんです。

 実際、これが功を奏して「あ、真田丸パーカ」と会話のキッカケをゲットできたわけなんですが、その格好のまま休憩スペースでくつろいでいた際、「よぉ~」とジャイアンがのび太を発見した時のようなテンションで声をかけられたんで、誰かと思って振り返ったら、他のスタジオで稽古中の岡本健一さんでした(笑い)。

 で、僕の格好を見てニヤリと一言。

「なに、まだ撮ってるの?(不敵)」

 ……恐るべし、真田丸パーカの引き寄せ効果! 一応もう撮ってはござらんが、あの頃の初心を忘れたことはございませぬ! 小手伸也でござる!

 と、そんなこともありつつ、ほぼ毎日、続いていた稽古もあと数日を残すのみ。あっという間の1カ月だったわけなんですが、僕自身、現場のかけ持ちが多すぎて、今回は稽古場外でのコミュニケーション(簡単にいえば飲み会)が全くないまま本番を迎えることになりそうなのが、唯一の心残りでした(演劇人的発想)。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  2. 2
    香川照之はなぜ銀座で足を踏み外したのか…スポンサー筋の“配慮”でエスカレート?

    香川照之はなぜ銀座で足を踏み外したのか…スポンサー筋の“配慮”でエスカレート?

  3. 3
    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

  4. 4
    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

  5. 5
    花巻東・佐々木麟太郎は清宮タイプ? 3試合連続の通算134本でも「ドラ1指名」が困難なワケ

    花巻東・佐々木麟太郎は清宮タイプ? 3試合連続の通算134本でも「ドラ1指名」が困難なワケ

  1. 6
    岸田翔太郎氏の公邸記念撮影 首相「報道で認識」でまさかの「建造物侵入罪」成立の可能性

    岸田翔太郎氏の公邸記念撮影 首相「報道で認識」でまさかの「建造物侵入罪」成立の可能性

  2. 7
    大谷翔平がプレーするメジャーでは常識? 球団がトップ選手を守る“夜のプライバシー管理”

    大谷翔平がプレーするメジャーでは常識? 球団がトップ選手を守る“夜のプライバシー管理”

  3. 8
    小林麻央さんが市川海老蔵に「本当に電話番号おしえて…」と切実な訴え

    小林麻央さんが市川海老蔵に「本当に電話番号おしえて…」と切実な訴え

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    福山雅治「ラストマン」好視聴率も追い風に 堺雅人「VIVANT」早くも“初回20%超”期待の根拠

    福山雅治「ラストマン」好視聴率も追い風に 堺雅人「VIVANT」早くも“初回20%超”期待の根拠