梨花ブランド全閉店も…アパレル業界が“勝ち組”と呼ぶワケ

公開日: 更新日:

 モデルの梨花(45)が先日、自身が手掛けるファッションブランド「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」を年内で全店閉鎖すると発表。芸能マスコミは一斉に“タレントブランドの難しさ”と梨花自身の“賞味期限切れ”を報じたが、アパレル業界の反応は真逆。「勝ち組」「勇退」と受け取られているという。

「ブランド母体のJUNから、梨花側に引き留めの申し出があり、猶予期間を設けたという噂です。そもそも(猶予期間の)10カ月も売れる見込みがあることがすごい話。今、アパレル業界は体力がなくなり、売れなければ『そういえばあのブランド消えたね』って言われて終わり。閉鎖を公言する必要すらない」(アパレル関係者)

 梨花ブランドの母体、JUNは60年代のトラッドスタイルで一世を風靡したアパレル大手。梨花はその傘下で全国6店舗を展開。オープン当初は入店制限するほど大盛況で、商品を買うと別途購入できるエコバッグが人気で、バッグ欲しさに約500円のクリアファイルを購入するという逆転現象が続いていた。

「今はフリルつきの布バッグなど“ロゴ入り雑貨”は人気で、街中でもよく見かけます。単価は安くとも確実に売れるから、JUNとしては手放したくない。要は梨花がアパレルに飽きて、ハワイの生活と子育てにシフトしたんだろうともっぱらです」(某デザイナー)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか