梨花ショップ全閉店…7年で撤退の裏に若者のプチプラ志向

公開日: 更新日:

 モデルでタレントの梨花(45)が2日、プロデュースするライフスタイルショップ「MAISON DE REEFUR」の全店舗を年内で閉店するとSNSで発表した。

 同ショップは2012年に東京・代官山に1号店をオープン。洋服やファッション小物、日用雑貨などを販売し、現在は横浜など全国に6店舗を展開。閉店理由については、「私の力不足も含めてこの大きなビジネスを保つことが、とても難しいと感じるようになりました」と説明した。

「オープン初日は2000人が列をなし、年間35万人が来店。オープン1年後の13年4月には40歳になることを機に、ガーリー路線から大人シンプル路線へと変更したのが大当たり。当時は1カ月に1億円も売り上げることもあり大盛況だった」(ファッション業界関係者)

 その後、梨花は15年から家族とともにハワイに移住。ロイヤルティーがっぽりで悠々自適のはずが閉店とはどういうわけか。

「今の若者世代はお金をかけないプチプラ(=プチプライス)志向。梨花の店で売っているのと同じような商品が安く手に入るようになったため客足が遠のいた。いつも日本にいればそのあたりは敏感にキャッチして価格や品質を改定できたはずだが、それができず売り上げもガタ落ち。大きな赤字を出す前に撤退を決めたのでしょう。それでも、生き馬の目を抜くファッション業界で10年続いたのはリッパです」(女性誌編集者)

 今後は、来日してのタレント活動が増えそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか