髙橋隆
著者のコラム一覧
髙橋隆

1949年1月生まれ。学生時代に「走れコウタロー」で知られる「ソルティー・シュガー」の一員としてデビュー。大学卒業後はディレクターに転身し、ビクターエンタテインメントやテイチクエンタテインメントで数々のヒット曲を生み出す。代表作は「ダンシング・ヒーロー」「襟裳岬」「てんとう虫のサンバ」「白いギター」など。現在はフリーの音楽プロデューサー。

小泉今日子「私の16才」はディスコサウンドを意識した

公開日: 更新日:

「私の16才」(1982年)

 大河ドラマいだてん」で、古今亭志ん生の長女の美津子役を演じて話題の小泉今日子さん。実はデビューから4作のシングル曲を私が担当しています。

 彼女は神奈川県厚木市の生まれで、中学3年生の時に「スター誕生!」に出場。私が勤めていたビクター音楽産業がレコード会社としてスカウトしました。

 私が担当していた石野真子が、歌手の長渕剛さん(彼のデビュー作も私が担当)と結婚・引退するので、その後釜を探していたところ。彼女が歌ったのが石野真子の「彼が初恋」というのも何かの縁で、所属事務所も同じバーニングプロに決まりました。

 さて、デビュー曲で私が狙ったのは石野真子のいいとこ取り。もちろん石野真子のシングル曲は王道のアイドル路線ですが、コンサートでは後半、「ダンシング・クイーン」などの洋楽ディスコ曲を歌ってものすごい盛り上がっていたんです。中高生のファンが総立ちで、渋谷公会堂の2階席が抜け落ちるんじゃないかってくらい。それを小泉今日子でやってみようと思ったんです。

 実は原曲があって、森まどかという歌手の2枚目のシングル「ねえ・ねえ・ねえ」(79年)。私が担当しました。これは当時はやっていた「怪僧ラスプーチン」というディスコ曲のサウンドを参考にしたもので、大ヒットはしなかったんですが、個人的には気に入っていました。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 2
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  3. 3
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  4. 4
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  5. 5
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  1. 6
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

  2. 7
    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

  3. 8
    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

  4. 9
    岸田パパも政治資金で土産爆買い3年544万円超! ボンクラ長男秘書官と父子揃って高級好き

    岸田パパも政治資金で土産爆買い3年544万円超! ボンクラ長男秘書官と父子揃って高級好き

  5. 10
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き