二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

公開日: 更新日:

 ジャニー喜多川社長(87)と姉のメリー喜多川副社長(92)でつくり上げたアイドル帝国・ジャニーズ事務所。男性アイドルに特化したことから、「学校」ともいわれる。歌手でも俳優でもない。アイドルはジャニーズが生んだ新ジャンルだが、俳優と違い原則、永遠にアイドルを続けられない。いずれは卒業して芸能界の別なジャンルに進む。

 AKB48らの女性グループは「卒業」という言葉を使い、いずれ芸能界に羽ばたいていくシステムを取っている。ジャニーズも実質、卒業していくことが運命づけられているが、次なる進路先が簡単そうで難しい。

 過去、ジャニーズ出身者が芸能界の壁に当たるケースを何度となく見てきた。ジャニーズは近年のイケメンブームのはしりとしてさまざまなタイプを輩出してきたが原則、卒業後のアフターケアはない。女性問題で引退した歌謡グループ「純烈」の元メンバーの友井雄亮は昔、関西ジャニーズに在籍していた。一時、舞台に立つまでになったが、「今の成功は事務所の力じゃないか」と葛藤。退所につながったという。嵐の大野智に相通じるものもあるが、アイドル人気は事務所の力によるところは大きい。大事なのはアイドル卒業後の進路先と最終的な人生の選択。すべては自身の選択にかかる。元アイドルが話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由