TOKIOは少年隊と同じ道か 長瀬智也“露出減”で気になる今後

公開日: 更新日:

 昨年暮れに発売された「週刊文春」(2019年1月3日・10日号)は元TOKIOメンバー・山口達也の芸能界復帰計画を報じた。ベースの山口が抜けたTOKIOは音楽活動を休業し、デビュー25周年に向けて計画されていた全国ツアーも中止。しかし、ジャニーズにとってTOKIOは事務所を支えてくれた“功労者”であり、将来的に山口の芸能界復帰も視野に入ってくるのではないかという内容だった。

 ところが、私が掴んでいるTOKIOに関する情報はかなり異なる。TOKIOが音楽活動を再開する兆しはないし、解散こそしないものの、いずれ「少年隊」のように目立った活動がないグループになる可能性すらあるとみている。中でも目を引くのが、ボーカル長瀬智也(40)の動向。まるで、芸能界をフェードアウトしようとしているかのような動きなのだ。

 長瀬は2月11日に米ロサンゼルスから中継予定の第61回「グラミー賞」の現地リポーターの仕事を降りた。グラミー賞の中継は90年代後半から「WOWOW」が独占中継権を持つ。MCはジョン・カビラ、ホラン千秋、小牧ユカ。そして長瀬のキャスティングが番組の看板だった。「長瀬自身も米国のトップアーティストたちと直接交流ができるこの仕事を非常に楽しみにしていた」と番組スタッフは証言する。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速