井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

公開日: 更新日:

 出口の見えない大炎上となってしまった「とろサーモン久保田かずのぶ、「スーパーマラドーナ武智正剛による上沼恵美子批判事件。決着への展開を占おうと思い起こしたのは、明石家さんまが矜持としていた「仕事上では丸裸にはならない」「品の良さ、上品さにこだわる」というセオリーだった。

 結果的に久保田と武智は勇み足が過ぎたわけだが、それをそのまま発信して取り返しがつかなくなるのは、とりわけSNSのもっとも恐ろしい側面だ。

 有名、無名を問わず、誰かの素の姿をそのままダイレクトに発信できるのは、フェイクがないだけに伝達力も強く、人の心に刺さりやすく、ネットの美点だとも言える。フェイクを施して都合のいいように誘導するのは、最近のSNSで目立つことではあるが、ここではいったん置いておく。

 明石家さんまが言う「丸裸にならない」「品良く、上品に」との仕事上の信条は、実はSNS利用の2大セオリー、ネットリテラシーのツートップと言っても過言ではない、とても大事なことだ。あらかたの炎上事案は、このどちらかを守らなかったことに起因していると断言してもよいほどで、特に一般人の炎上でこの傾向が強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!