井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

上沼派vs久保田・武智派 ネットで加熱「代理戦争」の代償

公開日: 更新日:

 上沼はM―1グランプリの審査員という仕事を失うかもしれず、久保田と武智は視聴者やネットユーザーのなかに余計なアンチを生んでしまった。どちらにも「それなりの損害」が出ているようだが、この先はどうなるのか。

 かつて、仕事の上では「丸裸にはならへんなあ」と語ったのは明石家さんまである。もちろん、実際に脱ぐということではなく比喩で言っているのだが、つまりは、メディアやイベントなどで見せる姿はあくまで演者=芸名としての自分であり、本名のプライベートなそれとは区別しているということだ。

 これにならえば、酒に酔って素の感情をストレートに吐き出してしまった久保田と武智は、思わず丸裸をさらしてしまったといえる。ファンだとただし書きを付け、視聴者や出演者らにひいきしているとの予断を与えてしまった上沼にも「裸でいる」と誤解させた油断があったのではないか。

 もうひとつ、別の機会に芸人の一流と二流の違いを尋ねられ、さんまは「笑いが上品な人は一流やと思う」と答えている。「こだわってんのは品良く、上品に」というさんまからすれば、酒に酔って“オバハン”“更年期障害”と強いワードをそのまま吐き出すのは「いただけない」となるに違いない。

 そう考えると、久保田と武智は、やはり勇み足が過ぎたと言わざるを得まい。そして、過ぎた勇み足をそのまま見せて発信してしまえるところ、これはネット、とりわけSNSのもっとも恐ろしい側面のひとつである。 (つづく)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

  3. 3
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  4. 4
    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

  5. 5
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  1. 6
    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

  2. 7
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  3. 8
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  4. 9
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  5. 10
    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方

    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方