井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

“M─1舌禍騒動”当初は久保田&武智を支持する声も多かった

公開日: 更新日:

 さらには、別のコンビに同じくファンだとしながらも「ネタは嫌い」と評価を下げるなど、視聴者目線からは根拠が主観的な好き嫌いしかないように映る場面があったのだ。実際、SNSでは「納得がいかない」「ただのえこひいき」「好みだけで審査しないでほしい」と、上沼に対する視聴者からのクレームが少なからず渦巻いていた。

 それもあってか、当初は久保田、武智に同調する反応が相次いだ。「(思いを)代弁してくれてありがとう」と感謝する者すらいたほか、「干される覚悟で言ったならすご過ぎ」と心配ともリスペクトとも取れる表現で持ち上げる者もいたほどだ。

 ところが、ライブ配信のことがSNSで拡散されるにつれて、今度は非難の声が集まりはじめた。いい大人がネット上で、相手の本人がいないところで誹謗中傷をすることを咎めだてするのである。「笑えない」「ただただ不快」というのは序の口で、「(先輩に対し)恩を仇で返すのは芸人として失格」「人のせいにして八つ当たり」「公の場で言って良いことと悪いことの分別がつけられないのは問題」と辛辣な言葉が並んだ。

「問題なのはあれを流しちゃったこと。このご時世でやったらまずいのは誰でもわかる」というように、社会人としてのリテラシーを問題にする向きも少なくなかった。 (つづく)

【連載】2018年下半期ネット炎上事件簿

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  2. 2
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  5. 5
    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

  1. 6
    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

  2. 7
    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

  3. 8
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  4. 9
    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

  5. 10
    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大

    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大