姉妹で芸能人だとなぜ妹ばかりが活躍? 島田裕巳氏が分析

公開日: 更新日:

 広瀬アリス(23)とすず(20)、浅田舞(30)と真央(28)、有村藍里(28)と架純(25)……姉妹で活躍する芸能人は多いが、大活躍の妹に比べ、姉がパッとしないことがなぜか多い。

 広瀬姉妹の場合、姉のアリスは昨年度の朝ドラ「わろてんか」で、ミスワカナをモデルにしたリリコを演じ存在感を見せたが、17年度CM契約が14社だったすずには遠く及ばず。

 スポーツキャスター&タレントの浅田舞の場合は真央のエピソード込みでの仕事ばかりで、妹頼みが続いている。有村藍里に至っては、もともと「新井ゆうこ」名義で活動していて、妹の恩恵にあずかる魂胆(?)ミエミエの改名をした。妹に似せるために整形をしたと告白するなど妹を超えるのは無理そうだ。

 この落差に関して、きょうだいを生まれ順――第1子、真ん中っ子、末っ子などに分けて、相性を研究している宗教学者の島田裕巳氏は「甘え上手の末っ子は芸能人向きで、アイドルや芸人には末っ子が多い」と分析している。逆に第1子は仕切り屋として一家を背負う役割があるため、自分が思っていることを口に出したりしない損な役回りを担うことが多いという。第1子の姉はそもそも目立ちたがりの芸能人には向いていないということだろう。

 アリス、舞、藍里はこの姉妹のハンディを乗り越えることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害