LINEドラマ主演も…のん本格復帰を阻む“生ゴミ先生”の呪縛

公開日: 更新日:

 NHKの朝ドラ「あまちゃん」でブレークした女優のん(25)が、無料通信アプリ「LINE」で放送されるドラマ「ミライさん」で、久々に連続ドラマに出演する。

「2年前に所属事務所からの独立トラブルが報じられ、芸名を能年玲奈からのんに改名。16年公開のアニメ映画『この世界の片隅に』で、主人公の声優を務めましたが、女優としての活動の場はほとんどありませんでした」(スポーツ紙記者)

 そんなのんに、久しぶりに大きな仕事が舞い込んだのだ。ネット上などでは「本格復帰への第一歩だ!」と騒がれているが、そう簡単な話ではないらしい。

「事務所とトラブルを起こしたという印象は拭えず、スポンサーはそういうタレントを敬遠する傾向にあります。クライアントの顔色をうかがう民放としては、彼女を使いづらいというのが本音でしょうね」(広告代理店関係者)

 今年4月には前所属事務所のHPから“能年玲奈”の名前が削除された。独立問題は事実上、解決されたはずなのだが……。

「独立当初は、各テレビ局も前の事務所に気を使っていましたが、最近はその雰囲気はありません。それでも彼女をテレビ局が起用しないのは、15年にのんが個人事務所を設立する際に、役員として関わった演技指導者のT氏の存在が大きいと思います」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?