田辺まりこ
著者のコラム一覧
田辺まりこ

北海道生まれ。銀座の高級クラブ「姫」のナンバーワンホステスを経て、モテる男性育成スクール「セクシャルアカデミー」を主宰。著書に「枯れない男のセックステクニック」(KKベストセラーズ)、「千人斬りの銀座ママに学ぶ!モテる男のセックス流儀」(ブックマン社)などがある。

勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

公開日: 更新日:

 1970~90年代、私は毎晩200万円はくだらない売り上げをあげる銀座のホステスでした。平成生まれにはわからない贅沢な生活がありました。そして、私自身も「銀座の女」という贅沢品の一部として、たくさんの男性から貢がれ、愛を注がれ、磨かれてゆきました。そんな時代も今は昔、中村勘三郎さん、西城秀樹さんなど当時お世話になった芸能人の方々が亡くなるたびに、もう私もそんな年になったのだなと思います。そんな私の恋の昔語りをさせていただきたいと思います。

 亡くなったとき、あれだけ浮名を流しても誰一人文句を言わないばかりか、歴代の彼女たちが勢ぞろいしたというのは中村勘三郎さん。私もつかず離れず「大人の関係」で長くお世話になりました。勘三郎さんと初めてお会いしたのは私が27、28歳。作詞家の山口洋子さんの経営する銀座の「姫」にいたころ。確か、出会ったころはまだ独身で、太地喜和子さんと破局した後だったと思います。お店に来た時にチケットをいただいたので、和服を着て歌舞伎を見に行き、楽屋に挨拶に行ったのがおつきあいの始まりでした。

 デートは若手役者を連れだって3、4人で食事をし、帰りのタクシーで後輩を降ろし、私の部屋へ。銀座からは窓ガラスがスモークで見えない白タクを利用したり……。当時私が住んでいたマンションは山口百恵さんも住んでいた高輪のマンションで、週刊誌の記者がよく張り込みをしている建物だったので、マンションの入り口に近づくと座席の下に隠れてマンションの門をくぐるのです。そんな時、勘三郎さんは私の足元に潜り込み、太ももをまさぐり、いたずらっ子のように顔を覗かせるのでした。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”