広瀬香美の芸名使用権問題 元事務所とドロ沼訴訟に突入か

公開日: 更新日:

「愛があれば大丈夫」や「ロマンスの神様」などのヒット曲を持つ歌手の広瀬香美(52)が5月28日、自身のフェイスブックを更新し、事務所移籍と新事務所の設立を報告した。

「これまで以上に、音楽家としての可能性を追求し、スピーディに力強く目標達成に挑む所存です」と決意表明をつづった広瀬だが、これに激怒しているのが突然、「独立宣言」を突きつけられた元の所属事務所「オフィスサーティー」である。

 同事務所は31日、広瀬の移籍は許可を得ることなく行われたものであるとして「広瀬香美」の芸名を使っての芸能活動禁止を求め、「断固たる法的措置をとる所存」というから穏やかではない。

 そもそも、「広瀬香美」の本名は石井麻美で、芸名は事務所の代表が名づけたものだという。このままだと広瀬は自分の芸名が使えなくなる可能性が出てきた。

「音楽学校を設立して校長に就任したり、郷ひろみ広末涼子に楽曲を提供するなど活動の幅を広げてきた広瀬だが、06年に大沢と離婚後、08年にコンピューター関係の企業で働く1歳上の米国人サラリーマンと再婚しています。しかし、再婚の時も大沢との結婚の時と同様に所属事務所への報告は後回しでした」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前