勘三郎なきコクーン歌舞伎 役者も脚本もいいが熱狂消えた

公開日: 更新日:

 今年のコクーン歌舞伎は「切られの与三」。女形の中村七之助(35)が与三郎を演じ、コクーン歌舞伎初出演の中村梅枝がお富という配役。瀬川如皐の「与話情浮名横櫛」を、「木ノ下歌舞伎」を主宰する木ノ下裕一が大胆に脚色しており、実質的には新作といっていい。

 原作は長い芝居で、全部が上演されることはない。与三郎とお富が出会う場面と、「しがねえ恋の情けが仇」のせりふが有名な再会の場面だけが頻繁に上演されるが、今回は再会後の二転三転する物語までが上演される。

 ストーリーは面白いし、役者もいい。しかし、劇場にはかつてのコクーン歌舞伎にあった熱狂はない。「クール歌舞伎」とでも呼べばいいのだろうか。熱狂すればいいわけではないから、冷たさが狙いだというなら、それはそれでいいのだが。

 演出・美術は串田和美。コクーン歌舞伎は、古典をいったん壊して再解釈して提示するのをコンセプトとして始まった。勘三郎がいた頃は、串田が壊そうとするのに勘三郎が抵抗し、そのぶつかり合いがエネルギーとなって傑作を生んできた。勘三郎亡き後は、若い作家を起用し、串田と歌舞伎役者との三つ巴から何かを生み出そうとしているようだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至