ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田お笑い評論家

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで」(光文社新書)などがある。

叔父は上岡龍太郎 兄弟漫才の新星「ミキ」のポテンシャル

公開日: 更新日:

 漫才とは会話の芸である。漫才師の中に夫婦や兄弟でコンビを組む人がいるのは、親しい関係であれば初めから会話のリズムが噛み合っているという利点があるからだ。

 日常的に会話をしていて、お互いのしゃべる間合いが体で分かっているため、漫才の中でも自然な感じで会話を進めることができる。それが夫婦コンビや兄弟コンビの強みだ。

 中川家に続く兄弟漫才師の新星として注目されているのがミキの2人だ。昨年末の「M―1グランプリ」では、初めて進んだ決勝で最終3組にまで勝ち残り、その名を一躍全国区に知らしめた。

 彼らの漫才の魅力は、もちろん兄弟ならではの息の合った掛け合いである。ボケ担当の弟の亜生(29=写真左)が変なことを言うと、すかさずツッコミ担当の兄の昴生(31=同右)が甲高い声でそれを訂正する。それでも亜生がとぼけた様子を見せていると、どんどんツッコミの語気が強まり、感情もヒートアップしていく。

 ネタの設定や発想にはそれほどとっぴなものがあるわけではない。むしろ、今どき珍しいほどシンプルな形のボケを平気で繰り出してくる。ただ、2人のテンポのいい会話の中でそれが不意に出てくると、思わず笑いがこみ上げてくる。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  2. 2
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  5. 5
    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

  1. 6
    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

  2. 7
    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

  3. 8
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  4. 9
    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

  5. 10
    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大

    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大