著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

藤吉久美子も落ちた…敏腕プロデューサーは最強のモテ男

公開日: 更新日:

 松居一代(60)の離婚会見は実に巧妙だった。

 朝8時半に設定した会見は民放各局のワイドショーの時間帯を狙ったのだろう。メディアに集まってもらうためには関心あるネタを事前に振る必要がある。それが前日の「船越(英一郎)は約束違反があった」という意味深なネタ。

 松居は以前、自著の出版会見を開いたときも、離婚の一因となった故・川島なお美さんと船越の関係の暴露などメディアが飛びつくネタを振っていた方。ワイドショー慣れした人は巧みに利用する術を知るものだ。まんまと乗った番組の司会者は「バカらしい」と言ったが、後の祭り――。

 松居が満面の笑みで離婚会見すれば、対照的に女優・藤吉久美子(56)は涙のダブル不倫釈明会見。

「文春砲」の詳細過ぎる記事に対して「(部屋で)マッサージしてもらった」はあまりに苦しい弁明。後は「泣きじゃくって答えられない状況をつくった」といううがった見方もできる。そんな妻をかばうように夫の太川陽介(58)は「妻の行動は誰も信じないでしょうが、僕は妻を信じたい」と暗に妻の不倫を認めながらもオシドリ夫婦の絆を“ルイルイ”笑顔で強調した。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路