ツイッターで謝罪したが…星野源の隠しきれない変態素顔

公開日: 更新日:

 ドラマ人気にNHK紅白出場と、飛ぶ鳥を落とす勢いの俳優・星野源(35)。そんな絶頂のさなか、過去の過激なつぶやきがバレて公式ツイッターが大炎上、星野サイドが謝罪する事態に追い込まれた。

 物議を醸しているのは、星野が2010年から翌11年にかけてつぶやいた「おっぱいげんき……?」「せっくすなう」などエロ発言の数々。売れっ子俳優とは思えない過激ツイートがネット上で話題になり、公式ツイッターは5日、「お騒がせして申し訳ありません」と謝罪するツイートをスタッフ名義で投稿した。

 それによると、一連の発言は「ばかくん」というキャラクターが星野の情報を勝手にツイートする企画でつぶやいたもので、当時のスタッフが投稿していたとしつつ、削除を検討しているという。

 しかしツイートでの釈明後、ネット上には<仮に本人だったとしても意外ではない><むしろ本人だった方が好感度が上がる>といった擁護の声がチラホラ。というのも、星野の下ネタ好きは古参ファンにとっては常識。

 星野が月曜レギュラーを務める「オールナイトニッポン」では、下ネタを中心とした“変態トーク”を毎週のように展開。12年12月にくも膜下出血で入院した際を振り返った際は、「医者から『自慰は1カ月我慢しましょう』と言われてしまって…。どんな人でもかわいく見えてしまいました」と赤裸々に語り、大きな反響を呼んだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路