「蹴られたかった…」綿矢りさの結婚に男性編集者らショック

公開日: 更新日:

 年末年始は、雨後のタケノコのように有名人が結婚ラッシュ。昨年12月30日に霞が関のキャリア官僚(28)とゴールインした作家の綿矢りさ(30)もそのひとりである。

 さかのぼること11年前、早稲田大学在学中に「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞。史上最年少の19歳ということで話題になったが、いつのまにやらすっかり結婚適齢期。2歳年下の旦那とは4年半前に仕事で知り合ったというが、出版界は“綿矢ショック”で傷心のオヤジ編集者が後を絶たないという。

「芥川賞を同時受賞した茶髪のヤンキー風の金原ひとみとは一線を画し、綿矢は長らく文壇の姫として君臨していましたから。正直、ショック。一度は蹴られたかった……」(50代大手出版社社員)

 過去には作家の島田雅彦との仲が報じられたこともある綿矢。その後、島田本人がブログで完全否定する事態に見舞われたのも、姫ファンの多い証しである。

「その昔、分子生物学の福岡伸一教授があるパーティー会場で綿矢を見かけ、ファンだといって、喜び勇んで声をかけたとか。その時の教授はご満悦な表情でデレデレだったそうです(笑い)。最近の彼女はだいぶあか抜けましたが、根は地味で服のセンスも残念だった。女性として洗練され過ぎていないところが、年長の男心をくすぐったのでしょう」(出版関係者)

 人妻になった綿矢もまた良し、か……。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた