「お父さんのための言いかえ図鑑」大野萌子著

公開日: 更新日:

「お父さんのための言いかえ図鑑」大野萌子著

 熟年離婚の大きな理由のひとつが積み重なった夫婦間のコミュニケーションロス。ギクシャクしてしまった夫婦のコミュニケーションを取り戻すにはどうすればいいのか。

 心理カウンセラーの著者は、夫が言い方を変えるだけで、ポジティブな関係をつくれるという。それは夫婦だけでなく、親子関係でも同じだそうだ。

 本書は、家庭内でよくある会話を例に、夫が何げなく口にしてしまいがちなNGワードを紹介。その言葉を妻や子どもがどのように受け、それが夫婦や親子関係にどのようなひずみを生んでしまうのかを解説する。

 その上で、その言葉をどのように言い換えたら、お互いが気持ちよく会話ができ、家庭の雰囲気がよくなるのかをアドバイスしてくれる指南書。

 見るからに不機嫌そうな妻に「なんで怒ってるの?」と聞くと、さらに不機嫌になってしまうのはよくあるパターン。

 そもそも怒りとは「二次感情」で、怒りの奥底には寂しい、悲しいなどの「一次感情」が潜んでいる。妻が本当に寄り添って欲しいのはその一次感情。それなのに表面にある「怒っている」という二次感情だけをとらえられてしまうことで、さらに気分を害してしまう。

 ゆえにこんな時は「なんで~?」ではなく、「何か伝えたいことがあったら、言ってね」と素直に伝えるのが一番だという。

 ほかにも、意見を求められているのに「別にいいけど」など、ついつい言ってしまいがちな言葉の上手な言い換え例を教授。

 さらに子どもをほめる時に「次はもっとがんばれよ」などと言ってしまう教育編、さらにパート先の愚痴をこぼす妻に「嫌なら、やめればいいだろう」などの仕事編まで。

 思い当たる節がある人もない人も、夫婦円満・家庭円満のために一読を。

(笠間書院 1870円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方