西尾潤(作家)

公開日: 更新日:

5月×日 作家道と武道の「道」はきっと通じているぞ、と琉球空手道場に通い始めた。まずは師範の本を手に取ってみる。今野敏著「琉球空手、ばか一代」(集英社 524円)。少年、青年、中年と移ろう師範の空手愛に触れる。読んで少しでも型がうまくなれば良いが、そんなことはない。

5月×日 自身の出身である大藪春彦新人賞、第5回受賞者のデビュー長編、浅沢英著「贋品」(徳間書店 2200円)を読了。ピカソの贋作づくりに挑むアートサスペンス。贋作といえば、模倣画家がキャンバスにひたすらコツコツと描き写す、という古いイメージしかなかったのだが、今やデータと材料に相違がなければ、3Dプリンターで完璧に本物を複製できる時代なのだ。知的好奇心を十二分に満足させながら、ヒリヒリとさせる展開にページを捲る手が止まらなかった。嫉妬をも跳ね飛ばす傑作。48億円か命か。最後まで飽きさせない展開。

5月×日 同門作家6人の「ケルンの会」メンバー、坂井希久子著「月草糖 花暦 居酒屋ぜんや」(角川春樹事務所 704円)を読む。坂井さんの文章や描写が好きだ。気の利いた料理、キャラクターも秀逸でいずれも心地よい。特に女たちの描き方が絶品。いつか自分もこんな物語を紡げるようになりたいなと、思わず目を細める。今世で叶えるぞ。

5月×日 執筆中の作品資料で三井秀樹著「美の構成学」(中央公論新社 858円)を読む。四半世紀以上前に出版された本であるのに、内容は普遍で時代を感じさせない。デザインや美に関して、直感や感性で「なんとなく」感じていたものを体系化した内容は、デザインの歴史を含めてとても愉しい時間になった。

5月×日 ご褒美に読もうと置いていた葉真中顕著「鼓動」(光文社 1870円)を読み始め、先が気になってやめられず、朝方まで一気読みする。どうして夜に読み始めたのだろうと、後悔ばかり。次回から葉真中作品を読み始めるのは早い時間にすることを心に誓う。生きることは常に己との戦いなのかもしれない。社会派ミステリー。

【連載】週間読書日記

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント