「春のとなり」高瀬乃一著

公開日: 更新日:

「春のとなり」高瀬乃一著

 奈緒は、医者をしている義父の文二郎と、深川堀川町の棟割りの貸家で薬屋を営んでいる。

 ある日、湊鼠の粋な小紋を着た女がやってきた。「惚れ薬は作れるかい?」。その女は茶屋「多幾山」の抱え芸者、捨て丸と名乗り、どうしても一緒になりたい旦那がいるのに手も握ってくれないという。「お前さんが惚れた男の詳しい人となりを知れば、できぬこともない」などと文二郎が言い出すので、奈緒は慌てる。

 後日、捨て丸に会うと、惚れ薬が効かないと怒っている。その男を訪ねてみたら、それは本草学者の平賀源内だった。

 夫の仇討ちのために信州から上京した女と義父の江戸での日々を描く時代小説。

(角川春樹事務所 1760円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪