「三度のメシより事件が好きな元新聞記者が教える 事件報道の裏側」三枝玄太郎著

公開日: 更新日:

「三度のメシより事件が好きな元新聞記者が教える 事件報道の裏側」三枝玄太郎著

 2000年ごろまでは事件の容疑者の自宅住所の地番まで報道されたが、問題視されなかった。ところが、あそこのアパートで殺人事件があったらしいという風評が立つと周辺の賃貸物件の相場まで下がるようになり、地番を省略するようになる。

 また、風営法違反などの比較的軽い犯罪で不起訴や処分保留になりそうな場合は匿名で表記するようになった。

 11年に児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された男がグーグルで記事を検索できないよう削除を求め、4年後、さいたま地裁は「忘れられる権利」を認めたが、最高裁は「表現の自由と知る権利を侵害する」と判示した。

 元新聞記者が報道の「読み方」を教える。

(東洋経済新報社 1650円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪