「グリフィスの傷」千早茜著

公開日: 更新日:

「グリフィスの傷」千早茜著

 傷を題材にした10編の短編集。冒頭の「竜舌蘭」はさまざまな苦情に対応するデパートの受付係の“私”が主人公。

 私は高校時代、同級生から無視をされるといういじめを受けた過去を持つ。黙殺され、私のまわりだけが無音だった。

 ある日、私が遅刻すれすれで教室に飛び込むと、全員が私を見ていた。私の片脚から血が滴りおちていたのだ。あれだけ徹底して無視しておきながら、たかが流血くらいで私を見る。私は呆れた。

 私の傷は、通学途中にある民家の多肉植物「竜舌蘭」の棘に触れ、皮膚を切り裂いたことが原因だった。

 だが、私はうれしかったのだ。私の痛みを暴力的なまでにはっきり示してくれたことに……。

 ほかに、同じマンションに住む犬嫌いのひきつれ顔の男性に自分の心の傷を見破られた女性が取った行動を描く「この世のすべての」、ガラスについた無数の傷を意味する表題作の「グリフィスの傷」では、かつてネットに誹謗中傷を書き込んだことのあるリストカットを繰り返す元アイドルと再会し、傷の理由を聞かされる私の物語など。

 今は治った体の傷が語るのは、目には見えない心の傷である。ほんの出来心が人を傷つけ人生を狂わせること、そして癒えるとは何かをやわらかな筆致で読者に問いかける。 (集英社 1760円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方