「賭博堕天録 カイジ 24億脱出編 1~26巻」福本伸行著/講談社(選者・中川淳一郎)

公開日: 更新日:

「賭博堕天録 カイジ 24億脱出編 1~26巻」福本伸行著

「カイジ」シリーズはバクチにハマるダメ男の伊藤開司の珍道中を描く作品である。本来は活字の本を紹介したいところだが、こちらは漫画で恐縮。とはいえ、紹介せざるを得ない。とにかく面白いからだ。

 これまで「カイジ」シリーズは人間の醜さと業の深さを描いてきたが、今回はそれを最大限に展開する内容になっているのだ。前シリーズで貸金業の「帝愛」の御曹司・和也から24億円を見事に獲得したカイジは、中国人のチャンとフィリピン人のマリオとともに、逃亡を開始する。

 いかにして帝愛から逃げるか、いかにしてチャンとマリオを日本から脱出させるか、ということに粉骨砕身するさまが描かれるのだが、コレがいいのである。これまでの「カイジ」シリーズも友情的要素はあったのだが、今回の「24億脱出編」はレベルが違う。

 日本人であるカイジがなんとしてもフィリピン人と中国人を助けるか、に邁進し、さらにはボケーッとしたマリオをシッカリとしたチャンが支え、なんとか窮地を脱出するハラハラドキドキの展開が続く。本当に息をもつかせぬ大捕物が続き、一切飽きさせることがない漫画なのである。現在26巻まで到達したが、私はKindleで買ってもはや次の巻を買うのを躊躇することがない状態が続き、気付いたら既刊のものはすべて買ってしまっていた。

 カイジは20代だが、今回のシリーズについては「友情」が色濃く出ており、30代以降の人にとっても「友達っていいな」と思えることだろう。しかも、友情の相手が中国人とフィリピン人ということもあり、人種・国籍関係なく友情を感じられる展開になっており、漫画としてのカタルシスを存分に感じられるものになっている。

 また、本シリーズの魅力をもたらすのは、「登場人物がことごとくバカ」という点である。遠藤勇次ら敵役は賢く狡猾なのだが、カイジの側に立つ人間が本当にバカだらけなのだ。そのバカ軍団がバカなりに知恵を絞って提案をすることが実は後に功を奏するという展開が続き、自分自身のことをバカだと思っている人にとってもカタルシスを感じられる流れが延々続く。コレが「カイジ」の本シリーズを気持ちよく読めるスパイスになっているのかもしれない。

 拷問シーンも含め、殺伐とした残酷シーンを見て「カイジ」を読むのをやめた方もいるかもしれないが、このシリーズは本当にオススメだ。私が21世紀になって読んだ漫画でナンバーワンである。 ★★★

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方