「かわいいアジアの洋館」タチアナ・キルディシェワ著 西山志緒訳

公開日: 更新日:

「かわいいアジアの洋館」タチアナ・キルディシェワ著 西山志緒訳

 ショップハウスなど、シンガポールの街路を彩る可愛らしい建物の魅力を紹介するビジュアルガイド。

 ショップハウスとは、1階が仕立屋や床屋、喫茶店などの店舗、上階がそのお店の経営者の住居となっている東南アジアの伝統的な建物のこと。

 シンガポールのそれは、世界各地から移住者たちが持ち込んだ文化がマレーや中国の文化と融合して生まれたプラナカン様式と呼ばれるフォトジェニックな建物なのだ。

 ページを開いて、まず目に飛び込んでくるのは建物の色だ。外壁は黄色やオレンジ、空色などの鮮やかなパステルカラー、窓枠や装飾も別色のパステルカラーで彩られ、何ともカラフル。見ているだけで心が浮き立つような明るさを放っている。

 まずは「イースト・コースト・ロード」の建物を見て歩く。

 プラナカン雑貨店「ルマー・ビビ」が建てられたのは1928年。

 水色とピンクを基調とした建物正面は、西洋建築を模倣しながらも、細部の装飾には中国で「富と繁栄、長寿」などのシンボルと考えられている花などのモチーフがふんだんに用いられている。

 店の裏に回ると、オーナー自身の手による見事な壁画アートが目に飛び込んでくる。華やかな刺しゅうを施した民族衣装のケバヤを着飾った女性たちが多数描かれており、彼女たちが持つ食器などは本物を壁にそのまま貼り付けるなど、独創的だ。

 同じイースト・コースト・ロードには、ショップハウスとは見た目が明らかに違う玄関へと続く階段が特徴的な住居用テラスが残るエリアもある。

 ほかにもジョー・チアットやゲイランなどを中心にイースト・コースト地域の個性的な建物を紹介。

 異国情緒たっぷりの建物を見ていたら、かの国に断然行ってみたくなる。

(エクスナレッジ 1980円)


最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代