松本俊明(作曲家、ピアニスト)

公開日: 更新日:

5月×日 齋藤陽道著「よっちぼっち 家族四人の四つの人生」(暮しの手帖社 2200円)を読む。

「よっちぼっち」とは、著者の造語である。ろう者である自身と妻、耳の聞こえる聴者である子ども2人からなる、4人家族の姿を表した言葉だ。

「お互いに、孤独を抱えて歩む『ひとりぼっち』であることをわきまえながら、そこを越えてかかわりあおうとする意志を保たなくてはならない」と著者は語る。異なる身体を持つ個々の人間同士が、互いを尊重しつつ寄り添って生きる様子が目に浮かぶ。

 本書は、写真家である著者が撮影した美しい写真を交えて、よっちぼっちの日常が語られていく。幼い子どもたちが徐々に獲得していく日本手話と、夫婦には聞くことのできない音声としての日本語が、彼らの言葉だ。

 障害者として扱われ、聴者から守られる対象であった著者は、2人の子どもたちの出会いを通して、彼らの言葉でしか表し得ない、揺るぎのない幸福を知っていく。

 日本手話は、日本語と異なる独自の語法を持つ言葉だ。驚くべきは、それが自然の質感や感情の手触りなど、人間を取り巻く有形無形のあらゆるものを、見事に表現していることである。その日本手話と、表情、口元の動き、身振りを駆使して彼らは会話を交わす。

 その会話のなんと豊かなことか。言葉とは単に記号ではなく、世界を照らす光であり、その光が照らす道の上に人間の営みがあることを、読者は改めて感じ入るだろう。

 筆者がろうの身体でこそ感じられたという幸福。それは、どことなく現代に生きる私たちが見失いかけているものであるように思う。スマホの中でしかうまく自分の言葉を繰り出せない人、マスクで顔を隠して安心する人、個と個の間にある隔たりをあえて乗り越えない人。そんな時代の価値観の中で、豊かで美しい言葉を介し、互いを見つめ合うよっちぼっちの家族は、原始的であるようで先進的だ。私たちの根源的な幸福はどこにあるのか、そんなことを考える1冊である。

【連載】週間読書日記

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽