「そして誰かがいなくなる」下村敦史著

公開日: 更新日:

「そして誰かがいなくなる」下村敦史著

 ミステリー界の大御所にして覆面作家、御津島磨朱李が、森の奥深くに贅を尽くした洋館を建てた。さらに誰にも見破られない隠し部屋まで設けている。

 そんな邸宅のお披露目に、ミステリー作家が4人、文芸評論家と御津島の担当編集者、名探偵の7人が招待された。最初のうちは和やかに過ごしていたが、御津島が登場し「今夜、あるベストセラー作品が盗作であることを公表する」と告げると空気は一転。さらにどこからか絶叫が聞こえ、御津島の姿が消えてしまった。

 客人たちは互いに疑いのまなざしを向けつつ、御津島の居場所を推理していく。彼は殺されたのか、全員のアリバイ、動機、邸宅内の動線は……。外は吹雪で移動は不可、携帯もなく、身動きが取れない“クローズド・サークル”で、一体何が起こっているのか。

 著者が実際に建て、暮らしている洋館を舞台に描いたという、前代未聞のミステリー。間取り図はもちろん、豪華な書斎やリビングなど室内写真も各所に掲載されているため、読者は写真を見返しながら、作中の人物とともに犯人捜しを楽しめるだろう。部屋の鍵がすべて抜き取られ、メモが発見されるなど、何重にも張り巡らされた伏線に、最後まで翻弄される。

(中央公論新社 1980円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽