「ヒポクラテスの悲嘆」中山七里著

公開日: 更新日:

「ヒポクラテスの悲嘆」中山七里著

 埼玉県のとある住宅で、40歳の女性の死体が発見された。駆け付けた県警刑事部捜査1課の古手川和也は、死後3週間経過してミイラ化している死体に対面。

 同居中の両親によると、娘は大学受験の失敗を機に部屋にこもった典型的なひきこもりで、日々部屋の前に食事を置いておく生活だったという。市のセンターや民間の自立支援団体に相談した末に娘と話し合おうと試みたものの、拒絶され食事を拒否されたらしい。

 部屋には飲み物や菓子もあり、絶食の末に亡くなるとは思わなかったという供述に、古手川は違和感を覚え、浦和医大法医学教室の栂野真琴に相談を持ち掛ける。真琴が遺体を検証したところ、口腔内に多くの傷痕を発見。同医学教室の教授で超一流の腕を持つ光崎藤次郎が解剖すると、胃袋から意外なものが発見された。果たして事件の真相は……。

 死体から真相を導き出す法医学ミステリーのヒポクラテスシリーズ第5弾。今回はひきこもりから生じた5つの遺体を巡る物語を、浦和医大法医学教室の精鋭と埼玉県警の古手川チームが解明。今の日本でいつ起きてもおかしくない事件に震撼させられる。

(祥伝社 1870円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで