「教養としてのイギリス 貴族入門」君塚直隆著

公開日: 更新日:

「教養としてのイギリス 貴族入門」君塚直隆著

 人気ドラマ「ダウントン・アビー」で描かれたような本物のイギリス貴族は、現在も存在するという。そのひとつウェストミンスター公爵家がイングランドに構える屋敷イートン・ホールの敷地面積は約44平方キロメートル、東京都江東区よりも大きく、現当主である7代目の資産は日本円で1.8兆円だそうだ。

 とはいえ、同家のような莫大な財力を備えた貴族は、いまや少数派で、爵位を持つ大半の家は大戦やその前後に施行された高い相続税率によって没落してしまったという。それでも、イギリスには世界唯一の「貴族院」という議院が残り、貴族が及ぼす影響力は社会の多様な分野に及ぶ。

 本書は、21世紀まで生き残るイギリス貴族の成り立ちと歴史をたどりつつ、そのリアルな姿に迫るテキスト。

(新潮社 858円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪