「財政と民主主義」神野直彦著

公開日: 更新日:

「財政と民主主義」神野直彦著

 世界の多くの国は、経済システムは市場経済、政治システムは民主主義に基づいた市場社会体制を採用。市場社会では、被統治者の合意を得て、その所得から租税を調達して社会を統合する。

 こうして財政が誕生。財政には、公共サービスを提供する「資源配分」と市場経済によって生まれた格差を是正する「所得再分配」、そして景気変動を安定化させ雇用保障を図る「経済安定化」の3つの機能がある。

 しかし、台頭する新自由主義によって市場経済は政治システムの制御から解放され、社会の従僕だった金融が社会の主人へと成り上がってしまった。いまや財政は機能不全を起こし、すべてが市場経済に置き換えられ、社会や自然環境まで破壊されようとしている。

 この危機を乗り越える方途を考察したテキスト。

(岩波書店 1100円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪