「お尻の文化誌」ヘザー・ラドケ著 甲斐理恵子訳

公開日: 更新日:

「お尻の文化誌」ヘザー・ラドケ著 甲斐理恵子訳

 胴体下部のお尻と呼ばれる部位は、長年人間にとって体の一部を超えた特別な意味を持っていた。自分のお尻は自分で直接見ることはできず、他者から見られる位置にあり、なかでも女性はさまざまな評価軸に振り回されてきた。本書は、特に西欧文化の中で解釈・評価されてきたお尻について時代を追って多角的に分析する。

 たとえば、18世紀に「ホッテントット」と呼ばれ、現在の南アフリカに暮らすクエイ族の典型として多くの人の目にさらされたサラ・バートマンのお尻。彼女のお尻は、見せ物として利用されただけでなく、南アフリカ先住民とヨーロッパ人が違う種だと証明する研究者の研究対象になった。全裸で動物同然に扱われて観察された結果、研究者は彼女を「人間よりも大型類人猿にかなり近い」と結論づけた。

 政治的・経済的実権を握る性的指向ストレートの白人男性が、あらゆる人種の女性のお尻の基準や嗜好やイデオロギーをいかに規定したか。著者自らの体験も隠さず披露しつつ、服飾、広告、メディア、エクササイズなどお尻にまつわるさまざまな文化を網羅しながらお尻の意味を探った意欲作だ。

(原書房 4180円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ