「ゴキブリ・マイウェイ」大崎遥花著

公開日: 更新日:

「ゴキブリ・マイウェイ」大崎遥花著

 ゴキブリ、と聞いただけで身構えてしまう人もいるかもしれない。しかし、全世界には約4500種のゴキブリがいて、そのうちクロゴキブリなど害虫と呼ばれるのは1%未満。そのほとんどが人間の生活圏に現れることなく森林や草原でひっそり暮らしている。

 著者が研究しているのはクチキゴキブリ。朽木の中にすみ、卵胎生といって、母親の体内で孵化して子が直接母親のお腹の中から出てくるという珍しい繁殖形態をとる。またメスとオスが一生浮気をせずに同じ個体と添い遂げ、雌雄ともに子育てを行うという極めてまれな生き物だ。さらに驚くのは、成虫の雌雄が互いに相手の翅を食い合うという奇妙な行動をとる。なぜか? これこそが著者の研究テーマであり、本書は世界で唯一のクチキゴキブリ研究者が書いた、唯一のクチキゴキブリ研究本だ。

 著者は幼い頃から大の動物好きで、とりわけ昆虫が好きだった。幼稚園のときにテレビで女性の昆虫研究者を見て「この人みたいになる」と言ったそうだ。その宣言通り、九州大学理学部生物学科に入学、石垣島でタイワンクチキゴキブリと邂逅したことが著者の研究者人生を決める。とはいえ、この虫を専門にしている研究者は皆無。当然先行研究もなく、五里霧中で飼育方法や実験装置を独自に案出していかざるをえない。本書がユニークなのは、そうした試行錯誤の体験だけでなく、研究者として自立していく中で必須の論文の書き方や投稿先の雑誌選び、査読から受理までの過程、学会でのコミュニケーションの仕方など、若手研究者の生態が細かく書かれていること。

 肝心のクチキゴキブリの雌雄がなぜ通常の生存戦略とは正反対と思える翅の食い合いをするのかは、現在のところまだ仮説の段階のようだが、著者の無類の好奇心と虫好きが、近い将来、大きな成果を見せるであろうことを期待したい。 〈狸〉

(山と溪谷社 1760円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ