「デヴィッド・ストーン・マーティンの素晴らしい世界」村上春樹著

公開日: 更新日:

「デヴィッド・ストーン・マーティンの素晴らしい世界」村上春樹著

 レコードコレクターでもある人気作家が、「手に取って眺めているだけで、なんだか人生で少しばかり得をしたような気がしてくる」とほれ込んでいるのは、ジャズの黄金期に活躍した画家、デヴィッド・ストーン・マーティン(DSM)がデザインを担当したレコードジャケット。

 自らのコレクションを紹介しながら、そのジャケットの魅力と収録されたアルバムについて語るビジュアル・ジャズ・エッセーだ。

 ジャケットを重視するレコード会社がほとんどなかった時代、DSMの才能を見抜いた音楽プロデューサーのノーマン・グランツは、自ら立ち上げたレーベルで、彼をジャケットデザインに起用。1940年代後半から1950年代にかけて、2人の二人三脚によってジャズのレコードが次々と制作された。

 DSMは、録音スタジオに頻繁に顔を出し、演奏家たちと親交を深め、それをもとに彼らの姿を描いた。ジャズという音楽が好きで、ジャズマンが好きだったというDSMがペンでシンプルに描いた絵には、「人間的な温かみと、ジャズのリアルな実況感が生き生きと感じられる」と著者はいう。

 ビバップの象徴ともいえるサックス奏者チャーリー・パーカーの「マグニフィセント」と題された盤では、バードのニックネームを持つチャーリー・パーカーが鳥の姿で演奏しており、その周囲にも多くの鳥が描かれる。

 同じく「サウス・オブ・ザ・ボーダー」では、闘牛士姿のチャーリー・パーカーが持つ黄色いアルトサックスと赤い牛の対比が見事で、DSMの最高傑作のひとつと言ってもいいと著者は絶賛する。

 以降、演奏者別、ジャンル別に188枚のレコードが紹介され、ジャズ好き、アート好きの心をくすぐる。

(文藝春秋 2530円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル