「真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと」TAJIRI著 徳間書店(選者・中川淳一郎)

公開日: 更新日:

プロレスでプロフェッショナルの在り方を語った凄技に脱帽

「真・プロレスラーは観客に何を見せているのか 30年やってわかったこと」TAJIRI著

 世界的プロレスラー・TAJIRIがプロレスについて書いた本ではあるものの、実際は完全なるビジネス書である。第3章はプロレスの技術に関するものではあるが、他は一般的な社会人にとって重要なことを次々と示す。これは驚いた。何しろ、プロレスという特殊ジャンルであろうとも、一般化ができるのだ。

 その一般化というものについては「プロフェッショナルであれ」という面においてはプロレスラーであろうが営業マンだろうが経理マンだろうが同じなのである。当然私のようなライター・編集者だって同じだ。

 そんな心構えをTAJIRIは示す。そして、同氏は世界を取った男である。そんな男が、プロレスを題材にしつつも、一般化できるビジネス上の心構えを説く。

〈いつのころからか、コーナーへ上がるさいや、大きな技を決める前になると、お客さんに向かって「オイオイオイオイオイ!」と手拍子を要請する選手が多く見られる。オレは、あれは最低だと思っている。

 魅せるべき側のプロレスラーが「手拍子をしてください」とお客さんにお願いをしているのである。それに何かをしようとしていることが相手選手にばれてしまうではないか〉

 プロレスというものは、「ギミック」とも言われ、絶妙な空気を読む作法が選手も観客も共有してこそ成立するものである。元々は力道山が空手チョップで外国人選手をなぎ倒し、日本人を鼓舞していたのだが、これはその時の日本全体を覆う空気感を見事に体現していたといえよう。何しろ敗戦後、自信を失っていた日本人の希望を力道山が復活させてくれたのだから。

〈ここ数年、プロレスの技術は進化していると言われている。しかし、これはあくまでも「個人的」なのだが、実はそうではなく、ただ単にマニアに向けたそれに傾きつつあるのではないかと感じている〉

 プロレスというものは、このように、日本人全体に深い影響を与えるものなのだが、TAJIRIの本著は、日本人が今後どのように生きるか、を示してくれる。基本的にTAJIRIはプロレスがマニアのものになっていることを危惧し、九州プロレスという子供も多数来場する興行こそプロレスだと思っている。そうしたことから、「私の相手すべき顧客は誰か?」というビジネスパーソン全体に通底するテーマをこの一冊で描き切ったといえよう。 ★★★

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ