「化学の授業をはじめます。」ボニー・ガルマス著、鈴木美朋訳

公開日: 更新日:

「化学の授業をはじめます。」ボニー・ガルマス著、鈴木美朋訳

 舞台は1960年代のカリフォルニア。大手の化学研究所に勤めるエリザべス・ゾットは才能ある化学者だが、女性であるがゆえに仕事は同僚研究者の補助しか与えられず、苦闘していた。

 そんな職場でエリザベスは、変人だが天才化学者のキャルヴィン・エヴァンズと出会う。やがて2人は恋に落ち一緒に暮らし始める。エリザベスが自分の名前で研究を積むことを望み、結婚を断ったからだ。

 2人と1匹の犬との生活は幸せそのものだったが、ある日、事故でキャルヴィンが亡くなり、エリザベスは妊娠していることを理由に解雇され失業する。ところが、娘・マッドが6歳になったとき、ひょんなことから地元テレビ局の料理番組に出演、予想外に大ヒットする。

 社会全体が保守的だった時代に化学への情熱と料理への真摯な思いを持った主人公が、性差別に毅然とした態度で臨み、人生を歩んでいく姿を描くエンターテインメント小説。

 化学用語を使いながらおいしくて栄養のある料理の作り方を説明し、合間には社会通念を鋭く斬っていく。視聴者は感化され、ある主婦は心臓外科医に、ある女性は離婚を決意するなど自ら変化していく。キャルヴィンの出生に関わる寄付者の存在、エリザベスとボスの研究を巡る攻防などもつづられ、読みごたえもたっぷりだ。

 (文藝春秋 2750円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  3. 3
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 4
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

    浜辺美波は順風満帆、趣里は「ブギウギ」のインパクトが…NHK朝ドラヒロイン“その後の明暗”

  3. 8
    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

    仲野太賀に注目!NHK朝ドラ「虎に翼」で寅子と結婚…そして、もうすぐ“優三ロス”が起こる

  4. 9
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  5. 10
    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”

    山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”