「クジラと話す方法」トム・マスティル著 杉田真訳

公開日: 更新日:

「クジラと話す方法」トム・マスティル著 杉田真訳

 著者は生物学者から映像作家に転じ、人間と自然が出合う物語を専門とする。2015年、カリフォルニア沖でカヤックをこいでいた著者らの前にザトウクジラが出現。クジラは突然ブリーチング(水面上に飛び上がること)して、カヤックの上に落ちてきた。幸い皆無事だったが、あるクジラ専門家は、助かったのはクジラがぶつからないように配慮したからだと言った。

 なぜあのクジラはブリーチングしたのか。自分たちに近寄ってきたのは何かを言いたかったのではないか。その日以来、これらの疑問を追い払うことができなくなった著者は、その真相を究明することにした。

 20世紀初頭、北アメリカ太平洋岸に生息するシャチは地元の捕鯨者たちと協力してクジラ漁を行っていたなど、クジラをはじめとするイルカやシャチの鯨類と人間との不思議なコミュニケーションの記録が世界各地に数多く残されている。また、1970年代にはザトウクジラがその鳴音によって仲間同士でコミュニケーションを取っていることが判明、その美しい「歌」を収めたレコードが評判になった。著者はさまざまな鯨類学者を訪ね歩き、鯨類のコミュニケーション能力の実態を探っていく。

 近年のデジタル技術の発達で膨大な量の鯨類の鳴音の記録が可能となり、AIによってその分析力も飛躍的に増大した。そこで明らかになったのは、想像した以上に歌によるコミュニケーション能力は複雑かつ精密で、人間の言語と同様の機能を果たしているらしいこと。この研究が進んでいけば、近い将来クジラと話せる日が来るかもしれない! しかし、これはあくまでも人間側からの勝手なアプローチで、文化の異なる鯨類の環境世界に土足で踏み込んでいいのかという問題がある。すでに人間は捕鯨と環境汚染によって一部の鯨類を絶滅にまで追い込んでいる。同じ轍を踏んではならないという著者の声は重い。 〈狸〉

(柏書房 2530円)

【連載】本の森

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も