「地名の原景」木村紀子著

公開日: 更新日:

「地名の原景」木村紀子著

 古事記や風土記などの古い文献には、大昔の神々や王が巡幸や流離の道すがら「落として歩いた」行為や声が地名となり残っているという物語がしばしば見受けられる。文字がなかった時代、その「声」が消えないように物語を絡めて口から口へと伝えてきたのだ。

 地名には、こうした誰とも知れぬ人の初発の声が響き、それを呼び続けてきた人々の声が響き合って今に残っているのだと著者は言う。そうした原初の地名の「声」がどのように生まれたのかを考察したテキスト。

 地勢や地形を表す「ノ・ヤマ」(野山)や、「ヤマ・カハ」(山川)などの「原景語」にはじまり、滋賀県の「シガ」、日本にはいなかった珍獣の名がついた「犀川」など、地名を構成する言葉のもともとの意味を探り、在りし日の列島の姿に迫る。

(平凡社 1012円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪