「ゼロ打ち」相場英雄著

公開日: 更新日:

「ゼロ打ち」相場英雄著

 タイトルの「ゼロ打ち」とは、選挙の開票開始直後、開票率0%に近い時点で、特定の候補者の当選確実を報じることをいうそうだ。

 本書は、その「ゼロ打ち」に絡む政治とカネの深い闇、公共放送と大新聞の選挙速報をめぐる争いに斬り込んだ、タイムリーかつ衝撃の作である。

 大和新聞社会部の敏腕記者・片山芽衣は、ある日、唐突な解散後の衆議院選挙で、選挙報道センターに配属された。担当するのは激戦の東京1区で、与党民政党からは若き私大教授の若宮が立候補していた。取材に飛び回る中、片山は警視庁捜査2課が内偵していた、ある都議会議員の不審死を耳にし、独自に取材を始める。

 そんな中、若宮の女性スキャンダルがネットで拡散される。若宮の選対に入った国会議員の秘書の中村は、都議会議員の秘書・神津の強硬な対処に驚きを隠せない。やがて中村は、神津が作ったファイルに見知らぬ寄付金の一覧を見つける。

 片山が書かされた区の提灯記事と大和新聞のゼロ打ちの関係、選挙余剰金の使い方、地方議員が国政選挙で担う役割まで、まるでノンフィクションと見まがう内容がつづられる。

 選挙速報の舞台裏はリアルで驚きだ。片山が追う事件とカネの結びつきも見逃せない。

 読者は国政選挙の生々しさに愕然とさせられるだろう。

 (角川春樹事務所 1870円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽