リトル・リチャードの先駆的人生を描いたドキュメンタリー

公開日: 更新日:

 ロックンロールの創始者とされる3人の中で演奏がいちばん巧みなのはファッツ・ドミノだが、ステージパフォーマーとしては群を抜いてリトル・リチャードだろう。

 今週末封切りの「リトル・リチャード:アイ・アム・エヴリシング」はまさしくそれを実感させるドキュメンタリーである。

 この映画、まずは黒人芸能史のアーカイブとして素晴らしい。シスター・ローゼタ・サープ、マ・レイニー、ルシール・ボーガンなど断片しか知らない女性歌手の映像や音源が次々と出てきて目と耳がくらみそうになる。なにより彼女らはかっこいい。そして笑いがある。この「笑い」が黒人芸能の要なのだ。

 リトル・リチャードはこれらのすべてを彼女らが立つ舞台の袖で吸収した。リズムも、唱法も、笑いも、そしてセクシュアリティーも。

 彼はポピュラー音楽の歴史上たぶん初めてゲイを公にした芸人だ。幼いころから自覚があり、それを知った信心深い父は息子を遠ざける。

 父に疎まれた記憶は彼を終生さいなみ、人気の絶頂で突如引退して神学校に入るような極端な人生の軌跡も丁寧に描かれる。

 さらに映画には音楽学や民俗学の若手が登場し、クィア研究の視点で彼の芸と人生と影響を語る。ビートルズもストーンズもマイケル・ジャクソンもプリンスも、彼の後継者だった。後半になるにつれてLGBTQ文化論の面が強まっていく構成も説得的だ。

 ドラァグクイーン系のゲイの笑いや大言壮語の陰には繊細と臆病が裸身で横たえているもの。伏見憲明の小説「百年の憂鬱」(ポット出版 1650円)の一節を思い出す。

「皮肉を付け加えないと気が済まないのは、年配の同性愛者の宿痾のようなものだ。彼らは猜疑心に骨の髄まで冒され、なかなか人を寄せつけようとしない」 <生井英考>

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”