花房観音(作家)

公開日: 更新日:

2月×日 ここのところ、周りで「彼氏ができた!」「結婚します!」というおめでたい報告の出会いは、すべてマッチングアプリだ。

 特に驚いたのは、同い年の友人であるライター・中村淳彦の結婚報告だ。妻を病気で亡くしたあと、「ひとりで生きていたくない」とアプリで婚活をはじめたのは知っていたが、わずか半年で成婚し、しかも相手は同い年の上品な知的美人、なおかつ高収入の会社員女性だった。実際に私も会ったが、とても素敵な人だった。彼は正直、不安定な職業で、見かけも普通、口下手で女性に対して奥手で、年齢も50代、間違っても「モテる男」ではなかったから、衝撃を受けた。どうしてそんな彼が、わずか半年で再婚できたのか、謎だった。

2月×日 彼が出した本を読んだ。タイトルは「中年婚活 50歳、年収450万円からの結婚に必要な30の法則」(大洋図書 1650円)、自身の婚活体験をベースにした本だ。

 読了して、彼の結婚についての疑問が解消された。この本を女性である私が読んで痛快なのは、自分より上の世代に多い「男尊女卑思想に染まった男性」を、徹底的に否定しているからだ。いくつになっても若い女性を追いかけ、自慢話ばかりで、俺が俺がの自己主張ばかり、女性にマウントをとりたがる男性たち……リアルにもSNSにもわらわらいるおじさんたちが登場する。そんなんじゃ結婚できませんよと、筆者は説いている。婚活にあたって、外見を変えたり、お金をおしまず使えなどの細かいアドバイス以上に、根本的な意識改革が必要だと強い言葉で書いてある。

 婚活の本ではあるけれど、これから生きていく上で、「嫌われるおじさん」にならない心得が書いてあるので、婚活など求めてない男性にも読んで欲しい。著者自身が、「ありのままの自分で戦わない」と決めて、周りの女性たちのアドバイスに耳を傾け、行動力を発揮し、幸せな第2の人生を手に入れた様子を目の当たりにしているからこそ、多くの人にすすめたい本だ。

【連載】週間読書日記

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ニューヨーク2球団とファンが抱く山本由伸への壮絶怨恨 フラれた挙げ句、火に油を注がれ…

    ニューヨーク2球団とファンが抱く山本由伸への壮絶怨恨 フラれた挙げ句、火に油を注がれ…

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  5. 5
    杉田水脈議員が“裏金”で通っていたスナックのママを直撃!赤旗に宛名ナシ領収書スッパ抜かれた

    杉田水脈議員が“裏金”で通っていたスナックのママを直撃!赤旗に宛名ナシ領収書スッパ抜かれた

  1. 6
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

  2. 7
    阪神・大山悠輔「4年16億円」争奪戦勃発に現実味…評価を押し上げた「目に見える数字」以上の価値

    阪神・大山悠輔「4年16億円」争奪戦勃発に現実味…評価を押し上げた「目に見える数字」以上の価値

  3. 8
    大阪万博またまた軌道修正…赤字が出れば出るほど経済効果が上がる摩訶不思議

    大阪万博またまた軌道修正…赤字が出れば出るほど経済効果が上がる摩訶不思議

  4. 9
    山本由伸がドジャースから「投手史上最高額12年465億円」を引き出した手練手管と舞台裏

    山本由伸がドジャースから「投手史上最高額12年465億円」を引き出した手練手管と舞台裏

  5. 10
    冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ

    冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ