「善鸞」三田誠広著

公開日: 更新日:

「善鸞」三田誠広著

 文暦2(1235)年、親鸞の嫡男・範意は、法然上人の流罪に連座し、越後に配流されていた父・親鸞と京の念仏堂でおよそ20年ぶりに再会する。8歳で出家し、比叡山で修行してきた範意は、父の弟子になりたいと頼むと、親鸞から「善鸞」の法名を与えられる。

 そのとき、父が息子を抱き寄せるようにして耳元でささやいた言葉は、善鸞にとって、まさに秘密の儀式であった。

 以後、20年近く父のもとで側近を務めた善鸞は、やがて親鸞にはない新たな教えのごときものが、胸の内で育ちつつあるという予感を持つ。

 その頃、かつて親鸞が浄土真宗を広めた東国では門徒が専修念仏を曲解し、造悪無碍に走る一方で、忍性の真言律宗、日蓮の日蓮宗など新興宗教が流入していた。

 親鸞の命を受け善鸞は東国に向かうが、そこには親鸞面授の門弟・性信や浄土真宗高田派の真仏らがおり、確執を生むことなる。切羽詰まった善鸞が、彼らの前で「父から秘事の法門を授けられた」と語ったことが親鸞の耳に入り、善鸞は義絶される。

 親鸞の嫡男にして、数百年後まで存続した「秘密の講」を始めた善鸞の生涯を描く。偉大なる父を持つ重圧と、超えたいという善鸞の野心、群雄割拠然とした宗教の興亡も興味深い。

(作品社 2860円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ