金井真紀
著者のコラム一覧
金井真紀文筆家・イラストレーター

テレビ番組の構成作家、酒場のママ見習いなどを経て2015年から文筆家・イラストレーター。著書に「世界はフムフムで満ちている」「パリのすてきなおじさん」「日本に住んでる世界のひと」など。

「遠くから見たら島だった」ブルーノ・ムナーリ著、関口英子訳

公開日: 更新日:

「遠くから見たら島だった」ブルーノ・ムナーリ著、関口英子訳

 原稿を書こうとパソコンに向かったはずなのに、気づいたらくだらないコタツ記事を読んでいる。SNS上で繰り広げられる見知らぬ他人どうしの不毛な喧嘩を追っている。あぁ、なんと非生産的な時間だろう。人生は短いのに、わたしはなにをやっているのか。

 と自分にあきれているときに、このヘンテコな本に出合った。美術家ブルーノ・ムナーリが、各地で拾ってきたお気に入りの石を見せびらかすだけの写真絵本である。「石ころだらけの場所ですごすヴァカンスほど、楽しいものはない」と言うムナーリさん。海岸を延々と歩き回って好きな石を探し、拾ってきたそれらを飽きずに眺める。石は家族に見えてきたり、ミニチュアの島になったり。表面に絵を描いて遊ぶこともできる。

 最初は、石を拾ってきて愛でるなんてずいぶんのんきな趣味だなぁと思った。それこそ非生産的だと。

 でもこの本は不思議な力を持っていて、何度も読み返してしまうのだ。ただの石ころが、この世界の奥行きをぐっと広げる。読みながらそれを追体験するたびに、気持ちが晴れる。

「石は、発見に満ちた世界だ」から始まるテキストもいい。ゆったり、とぼけた味わいで何度読んでもにんまりできる。石の採集場所として文中に出てくるレヴァント付近の海岸、ガルガーノ半島、エルバ島の向かいのバラッティ海岸なんてイタリアの地名を地図で探すのも楽しい。

 あぁ、インターネットの狭い世界で無駄な時間を過ごしているくらいなら、石を探しにいくほうがどれだけ心の恵みになるだろう。楽しみはこの地球上に無数にある。(創元社 2640円)

【連載】金井真紀の本でフムフム…世界旅

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状