「空と風と時と小田和正の世界」追分日出子著

公開日: 更新日:

「空と風と時と小田和正の世界」追分日出子著

 アーティスト小田和正は、75歳を過ぎても全国ツアーを行い、あの類いまれな美声で歌い続けている。そのストイックなまでの音楽人生を記録した圧巻の人物評伝。何年にもわたる本人へのインタビューと周りの人々が語る小田和正論に加え、60曲の歌詞とツアー随行記も収録されている。

 小田和正は1947年、横浜の小田薬局の次男として生まれた。耳にする音楽のジャンルが広がっていく時代に育った。母が歌う子守歌や唱歌に始まり、隣のパチンコ屋から鳴り響く歌謡曲、ラジオから流れてくるアメリカンポップス、映画音楽、学校で歌う賛美歌。高校時代にギターを買ってもらって仲間と演奏するようになり、学校のクリスマスパーティーや学園祭で大ウケ。これぞ青春だった。

 その後、小田は東北大学工学部で建築を学んだ。建築か、音楽か。迷わなかったわけではないが、小田は高校のバンド仲間とオフコースを結成、大好きな音楽の道を選んだ。同世代の学生の多くは、学園闘争を経た後、長髪を切って就職していった。

 吉田拓郎や泉谷しげるが強い音と言葉でメッセージを発信していた時代に、オフコースは空や風や時の移ろいをやさしい歌にした。小田は透き通るような高音で「君を抱いていいの 好きになってもいいの」(「Yes-No」から)と歌った。人気が高まるにつれて、オフコースには「女々しい」という言葉がつきまとうようになる。でも、自分たちの音楽を時代に合わせる気はなかった。

「愛を止めないで」「言葉にできない」「さよなら」などのヒット曲を送り出したオフコースは、1989年に解散。ソロになってからも小田は、青い空、やさしい風を歌った。なにげなく、しかしかけがえのない日々のひとコマを歌詞にした。カッコつけてもいないし、とがってもいない。だからこそ普遍性を獲得し、時代を超えて聞き手の心にしみるのだろう。

 たくさんのファンとスタッフに支えられた小田和正の音楽人生はこれからも続く。続いてほしいと願う。

(文藝春秋 3190円)

【連載】ノンフィクションが面白い

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ